【画像】奥平大兼の演技力は?プロフィールと高校や空手の実力を調査
【画像】奥平大兼の演技力は?プロフィールと高校や空手の実力を調査

16歳の新人俳優・奥平大兼(おくだいらだいけん)が、映画『MOTHER マザー』で長澤まさみの息子役でスクリーンデビューします。

奥平大兼さんが初出演となった今回の映画は、非常に難しい役どころになりますが周囲が驚くほど見事に演じきったそうです。

今回は、山﨑賢人、横浜流星などに続くスターダストプロモーションの有望新人俳優、奥平大兼さんについて調査しました。

この記事でわかること

  • 映画『MOTHER マザー』のあらすじ
  • 奥平大兼の演技力、共演者からの評価
  • 奥平大兼のプロフィール
  • 奥平大兼の空手の実力
  • 奥平大兼の出身中学や高校

それでは、ごゆっくり御覧くださいね。

初出演の映画『MOTHER マザー』について

ゆきずりの男たちと関係をもち、その場しのぎの生活をおくるシングルマザーの秋子。そして、息子である周平は母親の奇妙な執着により、彼女への忠実を強いられて育てられていた。そんな周平は、母親からの歪んだ愛情しか知らず、それに必至に応えようと生きていた。
やがて社会から孤立し、行き場のない底辺で生きる母子に「ある絆」が生まれる。そして成長した周平が「凄惨な事件」を起こしてしまう。
17歳の少年が罪を犯してまで守りたかったものとは?彼の「告白」に涙する。

奥平大兼の演技力、共演者からの評価は?

映画『MOTHER マザー』で初演技を披露した新人『奥平大兼』。
社会から孤立し、どん底に落ちていく母と息子。母親からの歪んだ愛情に必至に応えようと生きる息子。そしてついに祖父母殺害という凄惨な事件を起こしてしまうという難役を見事に演じきった。

奥平大兼さんのコメントによると、「過酷な環境の中で生きる周平を演じきれるかとても不安でしたが、長澤さんが『大丈夫』と優しく声を掛けてくれたり、お母さんのように接してくれたおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました。」と振り返り、「演技の面白さを知った」と今後の活躍にも意欲的であった。

奥平大兼
奥平大兼

母親役の長澤まさみさんは、「初めてお芝居をするとは思えないくらい堂々としていて、感じたことや思ったことを素直に反応してくれた。私もとても助けられていたように思います。そこで生まれた感情に大きく揺れ動く姿と対峙することで、自分も素直に演じることができました。お芝居は、その瞬間瞬間の感情を表現することが大切だと改めて感じさせられました。」と語り、『奥平大兼』さんの初演技を大絶賛しました。

奥平大兼
奥平大兼

大森監督は、「頭で考えてできるような役ではないから、撮影が進む中で自分が感じることを大事にして欲しい」と言い続けていたが、彼は「演技の中で嘘をつかないことをやり通せた。嘘をつかないために自分がどういう気持ちにならなければいけないのかという作業を常にしていた」と『奥平大兼』さんの素直さを讃えた。

奥平大兼
奥平大兼

プロデューサーの佐藤順子さんによると、本作品の明暗は周平役で決まるというほど重要な役でイメージに合う役者さんが中々いなかった。そんなとき最後に飛び込みで「演技経験はない新人ですが」と現れたのが『奥平大兼』さんでした。
少年期の危うさと繊細さ、そして主人公の母親を支える包容力を必要とする周平を演じることができるのは彼しかいないとその時に確信したそうです。
演技経験はありませんが、脚本と役柄の理解力や感性に驚き、撮影を重ねるごとに成長を感じたとのことです。

奥平大兼のプロフィール

奥平大兼のプロフィール

出典:(C)Stardust Promotion inc

 
奥平大兼さんは、山田孝之さん、窪田正孝さん、山﨑賢人さん、横浜流星さん、中川大志さんなどが所属する大手芸能事務所スターダストプロモーションに所属しています。

奥平大兼 wikiプロフィール
奥平大兼(おくだいら だいけん)
生年月日:2003年9月20 16歳(2020年4月現在)
出生地:東京都
身長:172 cm
所属事務所:スターダストプロモーション制作2部
憧れの俳優:阿部サダヲ、山田孝之
趣味:芸術鑑賞、洋楽・クラシック、ピアノ(小学6年生から1年間経験)
特技:バスケットボール(中学3年間)、空手初段(6~12歳)
奥平大兼オフィシャルブログは現在のところありません
奥平大兼公式インスタグラムは現在のところありません
奥平大兼公式ツイッターは現在のところありません

 
奥平大兼さんですが、小学生の6年間は空手道場へ通い、中学生の3年間はバスケットボール部に所属していました。

芸能界に入ったのは、中学1年の時に友人との帰り道に渋谷駅の改札でスカウトされたのがきっかけです。

芸能活動を始めたのは、中学3年のバスケットボール部を引退した2018年の夏からで、演技経験がまったくなかった奥平大兼さんは、その年の11月に「勉強のために」と自身初めてオーディションを受けたところ見事大抜擢されたのです。

絶対受かるわけがないと思っていたので、合格の連絡を聞いたときは、嬉しいよりも驚きの方が大きかったそうです。

あこがれの俳優は事務所の先輩でもある山田孝之さん。『MOTHER マザー』で共演した阿部サダヲさんのファンでもある。

奥平大兼の空手の実力は?

奥平大兼さんは小学1年のときから6年間、空手道場へ通っていました。
この年令から空手を始めるのは、私の経験上、父親または兄弟の影響が大きいのですが、きっかけは不明です。

流派は日本拓道会空手連盟で伝統空手の四大流派(松涛館・和道流・糸東流・剛柔流)の一つである松涛館から派生した流派と思われます。

奥平大兼さんが通っていた道場
日本拓道会空手連盟本部(築舘道場)
東京都豊島区南池袋2-14-1

奥平大兼さんは、6年間で初段を取得していますので、かなり真面目に練習を続けていたのではないでしょうか。

2年生のときに行われた「拓道杯空手道選手権大会」で入賞しています。

拓道杯空手道選手権大会

「中上級(緑帯・紫帯)型の部」で2位でした。
小学2年生のときで6~3級だったようです。

「低学年自由組手の部」も2位ですね。
自由組手は一人で演武する「形」と異なり、二人で相対して戦う試合形式で行うものです。

また、全国規模の大会でも良い成績を収めています。

2012年 全国武道空手道交流大会「形」優勝
2013年 全国武道空手道交流大会「形」3位
2014年 全国武道空手道交流大会「形」準優勝

奥平大兼の出身中学や高校は?

奥平大兼さんの出身中学は?

奥平大兼さんの出身中学は不明でした。
しかし、小学1年から6年間通っていた空手道場が豊島区南池袋なので近隣の学区ではないでしょうか。

奥平大兼さんが通っている高校は?

奥平大兼さんが通っている高校も調査しましたが不明でした。
東京都内だと思いますが、芸能活動が忙しくなることを考慮すると、堀越高校または目黒日本大学高校(日出高校)が有力かもしれません。

堀越高校

堀越高校

目黒日本大学高校(日出高校)

目黒日本大学高校(日出高校)

ちなみに、目黒日本大学高校(日出高校)は、事務所の先輩である横浜流星さんが2015年の卒業生、中川大志さんは2017年の卒業生です。

奥平大兼まとめ

今回は、【画像】奥平大兼の演技力は?プロフィールと高校や空手の実力を調査ということで色々調査してみました。

スターダストプロモーションの大型新人俳優として、山﨑賢人さん、横浜流星さん、中川大志さんなどに続き大活躍することが予想されます。

奥平大兼さんの今後のご活躍に期待しています。

最後までご覧いただき有難うございました。

スポンサーリンク
おすすめ記事