『未来少年コナン』デジタルリマスター版がファンに不評な理由とは
『未来少年コナン』デジタルリマスター版がファンに不評な理由とは

2020年5月4日(3日深夜)、『未来少年コナン』第1回目の再放送がNHK総合テレビで放映されました。

ファン待望の再放送で多くの方が視聴されたのではないでしょうか。

しかし、放送後に一部のファンや視聴された方々から「がっかり」「興が削がれる」「残念」などという意見が出ました。

何故でしょうか?その理由を調べてみました。

『未来少年コナン』再放送の経緯は?

『未来少年コナン』再放送は、新型コロナウイルスの影響で放送が中断された『キングダム 第3シリーズ』の代替番組として、5月4日から全26話のデジタルリマスター版で放送がスタートしました。

『キングダム 第3シリーズ』は、『未来少年コナン』再放送の終了後に再開されると思いますが、『未来少年コナン』の全26話が終了するのは、特番の組込みや1日2話放送などがなければ11月からの放送再開になると思われます。

『キングダム 第3シリーズ』の放送再開日程は、まだ公表されていません。

『未来少年コナン』再放送が不評な理由は?

作品自体は、宮崎駿監督による不朽の名作アニメであり、大変素晴らしと思います。
実際に、多くの方々が楽しめたでしょうし、私自身も楽しく視聴させていただきました。

画角の問題

『未来少年コナン』は40年以上前のテレビアニメですので、当時のブラウン管テレビの画角4:3で制作されています。
今回の再放送は、現在の放送技術および視聴環境に合わせ、デジタルリマスター版でオンエアしていますが、薄型テレビのワイドサイズ画角16:9の取り方に問題があると指摘されています。

画角の問題

今回の放送では上下がカットされてしまい、宮崎駿監督の素晴らしい演出が台無しになっている。と言われています。

しかしこれは、コアなアニメファン、アニメ制作編集に携わっている方、アニメ評論家などの一部の方々の意見で、『未来少年コナン』を初めて観る方や、お子様には何の問題もなく楽しめると私は思います。

放送時間の問題

『未来少年コナン』の再放送が深夜0時10分からで、子供に見せられない。放送時間を昼間にして欲しい。という指摘もあります。

これは本来、『未来少年コナン』が再放送される原因が、新型コロナウイルスの影響で『キングダム』の放送中断によるものです。
代替番組という趣旨から放送時間の変更は本末転倒ということになってしまいます。

お子様へは録画して観せてあげましょう。

『未来少年コナン』ファンから不評の声

『未来少年コナン』再放送まとめ

今回は、『未来少年コナン』再放送後に一部のファンや視聴された方々から「がっかり」「興が削がれる」「残念」などという意見が出た理由について調べてみました。

『未来少年コナン』は、大人から子供まで誰でも楽しめる素晴らしい名作です。
画角についても、そんなに気にするほどのものではないと思います。

最後までご覧いただき有難うございました。

スポンサーリンク
おすすめ記事